2011年09月10日

大空のサムライ(下)

上巻に続いて、下巻も読み終わり。

期待していた内容と比べると、ちょっと残念。
日記風な内容だったせいもあり、主人公に同調があんまりできなかった。
でも、その時代の生き方、精神的な部分を知る事が出来た。

るろうに剣心を、友達に借りて読んでいる中でも、日本人とは?!という事を、表現している部分があり、なんか考えさせらた。

話が横道にずれたが、じいちゃんも、戦争の時代の人なので、以前、戦争の話を少しだけ聴いた事があるけども、話したくなさそうだった。
ごめんな。爺ちゃん。


posted by あらいどん at 20:23| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

大空のサムライ(上)

衛星管理者の試験オワタ(@ ̄ρ ̄@)
ようやく開放される♩
さて、帰り道は読書タイム♪
講談社:大空のサムライ(上)
著者:坂井三郎
零戦パイロットの執筆もんは始めて。
ワクワク(((o(*゚▽゚*)o)))
posted by あらいどん at 14:53| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

社会人として大切な事はみんなディズニーランドで教わった。

うまくいかない、失敗したから、辞める。

初めからうまく行くとは思っていなかったし、こっちよりあっちのが合っているし。。。

と辞める理由を考えるより、なぜ選び、なぜ続けるのか、。。
失敗ではなく、何事も経験と思う事が、大切な事だと感じる事が多い一日だった。

新人には、読んでほしいなぁ、「社会人として大切な事はみんなディズニーランドで教わった。」
posted by あらいどん at 22:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠のゼロ

永遠のゼロ(講談社)
著書:百田尚樹
尽くすという事を考えさせられた。
愛に、生に、仲間に、国に。。。
戦争とはなんだったのかを考えさせられる感動の物語だった。
読んでいて何度も泣きそうになった。
ノンフィクションで、事実とは異なりますが、泣ける一冊です!
良いです!お勧め♩
posted by あらいどん at 01:47| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

東京島を読んでみた。

映画は見てないけど、活字と言うのは時に、暴力的だなと感じました。
人物設定も、原作と映画では違うし、、、より人間の本能に向き合っているものを感じたいなら原作読むべき。

人は何かにすがらなければ、生きて行くことができないのか。
posted by あらいどん at 01:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。